Christmas Bazaar’13

christmasBazaar13Do One Good Christmas Bazaar

恵比寿ガーデンプレイス 時計広場に
クリスマス限定でお店をオープンすることになりました。

12月25日(水)まで毎日営業します。

売上の一部がボク等の活動に活かされる。
毎週行なうADOPTION PARKの為にも…
東北にいる犬や猫たちの為にも…

このお店を盛上げたいのである。
ペットのいるご家庭のクリスマスプレゼント

是非!

ティックタック

563083_695003750511393_390096320_n

同胞の兄弟は…
アイリッシュセターを専門とするブリーダーからやってきた…

初めてブリーダーさんに会いに行った時に…
4ヶ月になる2匹の♂が母犬といた…

その場で連れて帰りたいという思いを振り切り…
冷静に家族と話しをする為に帰宅したことを覚えている…

結局1週間後に…
父親と迎えに行くことになった…

いろいろ説明を受けながら…
どちらを連れて帰るか相当悩んだ…

さて連れて帰るかという場面で…
父が胸ポケットから封筒を取り出して…

ブリーダーさんに手渡すと…

その封筒には…
2頭分のお金が入っていた…

あまり多くを語らない父親は…
「選べるはずがないだろ」とだけ言っていた…

急遽2匹を同時に連れて帰ることになり…
ハチャメチャな犬との生活が始まった…

どちらを優先する訳でもなく…
ボク等家族との生活が始まったのは…

13年前のことだった…

“これから2頭が寄り添って一緒に時を刻む”

ティックタック ティックタック

同じ顔した2匹の犬に…
ティックとタックと命名した…

ちょうど2年前に…
ティックの腰が急激に悪くなって…

散歩に出ても10歩進めば腰砕けになる…

外が好き…
散歩も大好き…

後肢がダメでも前脚で前へ進もうとする…

知人から歩行用の装具を借りたり…
三輪自転車を買って時々外へ連れ出したが…

まったく歩けなくなってから1カ月もたたないうちに…
ティックはこの世を去って行った…

残されたタックは…
産まれて初めて一人っ子の暮らしが始まる。

タック タック タック タック
時間は少しゆっくりと進むようになった。

1年後…
タックの後肢がみるみる弱くなっていく…

ティックと同じように…
まったく歩けなくなったのは…
ちょうど今年の梅雨の時期だったかな…

タック・・・ タック…

寝たきりの状態でも…
生きようとする姿勢を貫き…

タック… … タック… …

床ずれで腰骨が見えそうな状態でも…
垂れ流しすおしっこを吠えて伝え…

タック… … … … … …

最後にうんちもしっかりして…

… … … … … …

2013年10月31日21:00
穏やかに息をひきとり…

ティックとタックは1年10カ月ぶりに…
再会することになりました…

いっぱいいっぱいありがとう。

これまで可愛がってくれたみなさま…

ティックタック ティックタック ティックタック ティックタック
きっと一緒に走ってるね。

ありがとうございました。

朝霧Jam’13

th_Jump_Mt.fuji

It’s a beautiful day Camp in 朝霧JAM

キャンプをしながら音楽を楽しむ。ここで見る富士山がなんとも素晴らしく、心地よい。
会場の最奥地にあるステージ Carnival Starの飲食を担当し、隣接するドッグランの運営をしている。

しかし…
大学ラグビーのシーズンまっただ中!
この週は、東京大学との試合があって朝霧と東京を3往復。
富士山の向こう側から富士山のこちら側を行ったり来たりした。

カテゴリー: DOG

遊びを学ぶクリエーター!

写真

昔は三輪車をひっくり返すと焼き芋屋になれた。陳列棚が並ぶスーパーは鬼ごっこに適していた。他人への迷惑を気にしない子供は、自由な発想で遊びを考えだす天才だね。

そもそも子供たちは、遊びの中からたくさんの事を学ぶ。学校で教わる勉強とは別に、社会と交わる為の学びを、遊びながら身につけて行くよね。商店街も路地裏も自らの学び場にしてしまう天才的な遊びのクリエイターが、安全かつ伸びやかにその能力を発揮する格好の場は、公園と言っていい。

自然が豊富な駒沢オリンピック公園は、東京オリンピックの第二会場として整備され、終了後に都の運動場となりスポーツ施設が充実。児童施設も多く幅広いニーズに応える憩いの場。

しかし、前述したクリエーターは、整備された施設以外にも自由な発想で遊びをクリエートする。落ち葉を集めたふかふかのプールや木々や草花が重なりあう茂みは、子供たちの創造的発想力を高める秘密基地だ。その遊びそのものが学びであり、自由な発想で駒沢公園を遊び倒すという発想が、裏面にあるお散歩コースを作るキッカケとなった。

このチラシを手に取った犬の飼い主はもうわかるよね。愛犬も同じ、遊びから学ぶクリエーターだから、その可能性は無限だよね。子供や犬の数だけ遊びがあって、天才クリエーターが刺激のある毎日を演出してくれることに感謝しなきゃね。

2013.10
2013動物感謝デー in JAPAN “World Veterinary Day”

一般社団法人Do One Good

banner1_mini

DLDのプロジェクトの一つDo One Good PROJECTを一般社団法人として独立させました。2009年に青山の国連大学前広場で『ペットの里親会・譲渡会』をスタート。これまで各動物保護団体が『不定期』に、『それぞれの場所』で、『それぞれのタイミング』で実施するのが一般的でしたが、複数の動物保護団体と連携し、『定期的』に、『決まった場所』と、『決まった時間』で里親会を運営することにより『これからペットと暮らしたい人々』に対し、ペットショップ以外でのより身近な『ペットとの出会いの場所』を提供してきました。その活動を通して、ある理想を目指すようになってきました。 それが、『未来のペットショップ』です。『里親会・譲渡会』を軸に、将来ペットと暮らすことになるかもしれない子供たちの、新しい『学びと経験の場所』や、既に里親になられた方や一時預かり ボランティアの方々がこれまで以上にペットとの暮らしを豊かにする、新しい『コミュニケーションの場所』を創造していきたいと考えています。捨て犬、殺処分、虐待というイメージを払拭し、健全で持続可能な『未来のペットショップ』を実現させる為にいろいろやります。DLDから独立させましたが、引き続き応援して下さい!http://doonegood.jp

2013.10